付属機器・拡張オプション

標線間伸び計 GTD-50
金属・プラスチックなどの試験片にクリップして、伸び量を正確に計るためのオプションです。伸び量は変位表示部に切替で表示されます。
仕様
型式 GTD-50
標線間 50mm
最大伸び量 10mm
最小分解能 0.001mm
最大把持サイズ 13mm
丸棒 φ15mm
本体重量 約400g
標線間伸び計 GTD-1000
ゴムなどの伸び量の大きい試験に使用するタイプです。
装着する試験機やストローク量によって製作を行います。

SDT-203型装着例