専用治具(標準治具)

専用治具選定のご注意
○試験荷重が最大荷重以下で使用するよう選んでください。
○上部治具の重さが、ロードセルの最大荷重の10%以下を目安に選びます。
 小さい荷重のロードセルの場合、予め取付けて試験機の調整を行う必要があります。
○特殊な材料では、サンプル試験を行って決めるのが確実です。
○接続ねじのサイズは適当かどうかご確認ください。
 上部治具・下部治具の取付サイズは、下記の取付寸法表を参照ください。


治具取付寸法表
1:上部治具の取付
上部治具のロードセルに取付けます。ねじのサイズは下記の通りです。
500N以下のロードセルを使用する機種はおねじです。治具側はめねじとなります。
1kN以上のロードセルを使用する機種はめねじです。治具側はおねじとなります。
荷重 500N以下 1kN〜10kN 20kN 50kN 100kN
機種 SV-55C
SVZ-50NA
SVZ-200NB-50
SDT-203NB-50
SVZ-200NB-200
SDT-203NB-200
SDT-503NB
SDWS-0213
SDWS-0513
SDWS-1013
SDW-1003
SDWS-2013
SDW-2003
SDW-5003 SDW-9103
ねじサイズ M6P1 M12P1.75 M16P1.5 M24P2 M32P2
※荷重レンジ追加等で小さな容量の治具を付ける場合、接続ねじが必要となる場合があります。

2:下部治具の取付
引張圧縮試験機及びプッシュプルスタンドには、下部治具を取付けるT溝付定盤があります。
T溝に付属のTナットを入れて、2箇所のボルトで治具を固定します。
寸法及び取付用のボルトサイズは下記の通りです。
機種 SV-55C
SVZ-50NA
SVZ-200NB
SDT-203NB
SDT-502NB
SDWS-0213
SDWS-0513
SDWS-1013
SDWS-2013
SDW-1003
SDW-2003
SDW-5003 SDW-9103
Tナットねじ径 M8P1.25 M8P1.25 M8P1.25 M12P1.75 M16P2 M20P2.5
T溝寸法