ソフトウェア

追加機能ソフトウェア
データ処理ソフトISP-Vと併せてのご使用により、専用制御機能を拡張できるソフトウェアがあります。
※各種オプションソフトウェアは、データ処理ソフトISP-Vが必要です。

荷重維持機能ソフトウェア
維持したい荷重値を設定することにより、常に設定範囲を維持するように試験機を制御動作させながら計測する際に使用していただくソフトウェア。
 


荷重速度追従機能ソフトウェア
通常の引張圧縮試験機における荷重を加えていく速度(試験速度)は○○mm/minというように時間あたりの変位量で行いますが、試験規定によって、時間あたりの荷重の変化量(例:N/min)で試験を行う内容があります。荷重をmm/minという一定速度で加えていくのとは異なり、荷重速度機能は、絶えず変化する荷重値をフィードバックさせながら時間あたりの荷重変化量を一定にするようにする機能となります。
 


F-S(スイッチフィーリング)試験用ソフトウェア
スイッチフィーリング試験専用のオプション機能です。
専用の設定項目でヒステリスの各ピーク値、ボトム値を計測することができます。又、回数設定を行うことで繰り返し試験も行えます。
 


プログラム運転ソフトウェア
複数の指定した荷重(又は変位)の値をステップ毎に動作させて計測する機能です。又、制御の種類に荷重維持もあり、組み合わせて設定したプログラムの動作が可能です。
ステップはプラス側マイナス側(荷重指定でマイナス荷重がない場合は行えません)で設定できます。各ステップごとのデータの取込も結果として表示、テキスト出力が行えます。
最大99ステップまで登録が可能です。